働き方について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子育てや介護など、生活環境によっては正社員として働くことが難しい方もいらっしゃるでしょう。薬剤師は、パートとしても時給が高く求人も多いですから、自分に合った職場を見つけやすいと言えるかもしれません。しかしながら、やはり可能であれば正社員として働く方がよりメリットは高いと言えます。

特にまだ若く生活環境にも問題がない方は、まずは正社員の求人を探してみることをオススメします。その理由の一つは、やはり収入が多くなることです。また、全ての職場が同じではないのですが、パートと正社員とを比較したとき、パートの場合正社員と同じ仕事ができない場合もあります。若いうちは、色々な経験をしてたくさん学んだ方がスキルも身に付きますしキャリアとしても認めてもらいやすくなります。ですから、正社員の方が良いと言えそうです。今後正社員としていつか働きたいとお考えの方は、早めに正社員の求人を探した方がより転職しやすいかもしれません。

もちろん、何らかの理由があって正社員として働くことが難しい場合は、パートも素晴らしい働き方です。パートとして少しでも収入が良いところを探したい方は、ドラッグストアなどもオススメです。特に都心の場合パートの時給は高い傾向があります。

参考サイト≪薬剤師転職比較サイト:Carrier Field≫

ママになっても働ける

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、病院、企業など働ける場所はたくさんありますが、パートとして働ける場所もたくさんあります。調剤薬局やドラッグストアでも、薬剤師のパート求人を目にします。薬剤師のおよそ70パーセントの方が女性だと言われていますので、結婚や子育てなどを機に退職する方もいます。しかし、結婚後も子育てをしながらパートとして働く道ももちろんありますので、スキルを活かして収入を得ることができます。薬剤師はパートとしても時給が高く、短時間労働であってもある程度の収入を見込むことができます。しかしながら、子育てをしながら働く場合は、収入面だけでなく職場の働きやすさについてもチェックする必要があります。子育てに理解のある職場が一番オススメ。同じように子育てをしながら働いている方がいるところだと、前例がありますので安心だと言えるかもしれません。

週末だけ働くといった方法もありますし、一週間に3~4日程度働いたり、午前中だけ、或いは子供が学校や幼稚園に行っている間だけ働くといった方法もあります。家族の協力はどうしても必要になりますが、子供がいても働く道はありますので、是非検討してみて頂きたいと思います。

薬剤師の活躍できる場所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

薬剤師が働く職場はたくさんあります。その一つは、病院や診療所といった場所です。現在、およそ50、000人が働いているとされるこういった職場は、薬剤師が希望する職場として人気が高い場所でもあります。その為、求人情報として得るのはなかなか難しい場合も少なくありません。絶対に病院関係の職場で働きたいとお考えの方は、病院のホームページなども見ていると求人情報を見つけられるかもしれません。

ドラッグストアでも求人が出されています。また、現在多くの薬剤師が働いている職場が、調剤薬局だと言われています。全薬剤師のおよそ半数以上が活躍しているのが、こちらの職場。都心部の場合は薬剤師の数も多いのですが、地方に行くと薬剤師不足していると言われています。その為、正社員として働く場合、収入面で都心部よりも良い傾向があります。もし、働く場所を厭わないのでしたら、地方での転職活動もオススメです。ただし、地方で働く場合職場によっては通勤の為に自家用車が必要になることもありますので、通勤についてもよく確認してから判断することをオススメします。

他にも、公務員として働く道もあります。消費者センターや保健センターなどでも働くことができます。

転職したい薬剤師の方へ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

できるだけ良い条件の下で働きたい。可能な限り自分の希望に近い職場で気持ちよく仕事をしていきたい。これは、働く全ての方が願う気持ちだと言えるでしょう。薬剤師の方は、比較的転職が多い職業だと言われていますが、そこに至るまでの理由はやはり他の職業と同じように収入であったり人間関係の悪化であったりと様々です。せっかく高いスキルを持って働くのですから、是非自分が心地よいと思える職場を見つけて働きましょう。ただし、いくら転職が多い職業であり求人も少なくはない職種であったにせよ、転職は慎重に進めるようにしてください。なぜなら、あまりにも転職回数が多くなったり入社しもすぐに辞めたりしてると、それが自分にとってマイナスになる場合もあるからです。

どうして今の職場を辞めたいのでしょうか?どうして転職をしたいと考えているのでしょうか?まずは、この部分について明確にすることが必要です。自分にとって何が譲れないポイントで、自分にとって何が避けたい理由なのかをはっきりとさせてからでなけらば、せっかく良い職場に転職できても、また同じように辞めてしまうことも少なくないからです。人によって価値観や考え方は異なりますので、一概には言えませんが、自分の気持ちが分かっていなければ今後も良い方向に進むことは難しくなってしまいます。

今度こそは、長く勤められる職場を是非見つけてください。当サイトは、薬剤師の転職について紹介します。