ママになっても働ける

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

薬剤師は、調剤薬局やドラッグストア、病院、企業など働ける場所はたくさんありますが、パートとして働ける場所もたくさんあります。調剤薬局やドラッグストアでも、薬剤師のパート求人を目にします。薬剤師のおよそ70パーセントの方が女性だと言われていますので、結婚や子育てなどを機に退職する方もいます。しかし、結婚後も子育てをしながらパートとして働く道ももちろんありますので、スキルを活かして収入を得ることができます。薬剤師はパートとしても時給が高く、短時間労働であってもある程度の収入を見込むことができます。しかしながら、子育てをしながら働く場合は、収入面だけでなく職場の働きやすさについてもチェックする必要があります。子育てに理解のある職場が一番オススメ。同じように子育てをしながら働いている方がいるところだと、前例がありますので安心だと言えるかもしれません。

週末だけ働くといった方法もありますし、一週間に3~4日程度働いたり、午前中だけ、或いは子供が学校や幼稚園に行っている間だけ働くといった方法もあります。家族の協力はどうしても必要になりますが、子供がいても働く道はありますので、是非検討してみて頂きたいと思います。